日々の暮らしと、子供のことを綴ります


by izu_a

2012年 11月 20日 ( 1 )

6ヶ月の息子のこと

先日、息子が6ヶ月を迎えました。






e0214646_16445424.jpg






2人目の成長は早いと聞いていましたが、本当にあっという間。


2ヶ月や3ヶ月なんてついこの間のことなのに、首が据わった日も寝返りした日もなんと曖昧なこと。


ただ、ひたすら寝ない子だというのだけは変わらず。


日中のお昼寝はおんぶをし続けて。

寝入ったところを見計らい布団に置いても、すぐに目覚めるか10分以内で必ず起きます。

布団で1時間~2時間以上かけて寝かせても、30分足らずで起きたり。


よく寝てくれる子を見たり聞いたりするたび羨ましく思い、おぶって洗濯をしたりご飯を食べたりする自分が情けなく思えたり・・・

何か間違っているんだろうか、なんて悩んだり。


友人から、ママが大好きでいつもそばにいたいんだね。なんて言葉で救われて。

そうだ、とびっきりのママっ子なんだ、と開き直ってこの子の思うようにしようと思うようになりました。

とはいえ、家事に追われるし自分の時間がない~なんてイライラしてしまうことも。


娘の時と比べるとうんと手のかかる息子ですが、誰にでもよく笑いとびっきりの笑顔を見せてくれます。


6ヶ月の今、ズリバイで気が付くとビックリする場所に居ます。

何でも口に入れ、眠いと目をこするようになりました。


夜は大体、9時ぐらいに眠り、夜だけは布団に置いても大丈夫なことが多いですが、それでも週に1~2度はなかなか寝てくれずに苦戦してます。

そして3~4時間ごとに目を覚まします。

朝は大体、6時半〜8時の間に起床。


わたしが見えなくなると、泣いて呼びます。


近くにいると1人遊びはするのに、離れると号泣し、遠くでわたしが笑いかけると半べそで笑い返します。






e0214646_16451620.jpg






離乳食はいつも完食で、野菜も果物もしっかり食べてくれます。


さすがに毎日、2~3時間のおんぶは疲れるけれど・・・

わたしでないと眠い時は何をしても号泣する息子を根気よく、どうにか寝てくれないかと試行錯誤してくれる夫。

たくさんお世話とお手伝いをしてくれる娘。


こうして家族の支えがあって、なんだかんだで楽しく育児が出来ていることに感謝しなければ、なんて思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

[PR]
by izu_a | 2012-11-20 16:55 | こどものこと、もの | Comments(18)